読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fusicきばんブログ

Fusic基盤ユニットの非公式技術ブログ

Rust言語でゆるくツールを作ってみるお話

Fusicの中野です。

最近、弊社の東京事務所内で人気のRust(プログラミング言語)について。

Rust言語

Rust言語についてのイメージは

  • 所有権と借用
  • 難しい
  • GCがない
  • 速いっぽい

とかでしょうか。

特に、所有権と借用のメモリ管理まわりの概念が、少し難しい言語かなと思います。

しかし、パターンマッチ・型推論・総称型・マクロなど、とても魅力的な要素がたくさん ある言語なので、今回はRust言語の勉強用にちょっとしたツールを作ってみました。

作ってみたツール

ということで、

github.com

主な機能として

  • $HOME/.ssh/config をパースする
  • Host <何か> の何か部分を取り出して、tmuxのパネルを分割してSSHで接続
  • それぞれの接続先にコマンドを送りつける

です。

使用したライブラリとして、

$HOME/.ssh/configのパース => rust版parsecのnom
readlineっぽいやつ => liner

を使わせていただきました。

nomはparsecとそっくりだったので、exampleとガヴリールドロップアウトを見ながら、 さくっと利用する事ができました。

感想として

Rustは難しい部分もあるかと思いますが、コンパイルが通れば気持ちいいですし そこそこ想定通りの動きをしてくれます。

rustup・rustfmt・racerなどの開発用ツールや、Rustの日本語記事や日本語訳ドキュメントなど、 簡単に利用するための環境が充実してきました。

Rust言語が気になっている人は、軽く試してみてはいかがでしょうか?